最終更新:

Rythmサービス終了

本日、YouTube楽曲再生機能を備えた大人気Discord BotであるRythmがサービス終了することを発表しました。

Source:

YouTubeが5億人以上の利用者がいるDiscordで最も人気の音楽ボット「Rythm」を排除、Discordの音楽ボットが全滅する可能性も

なぜ終了?

なぜ突然サービス終了を決定したのでしょうか。それはYouTubeから通告を受けたからです(Rythm公式ページより)。

実はこれ、Rythmが初めてではありません。同様の理由でGroovyが2021年8月30日をもってサービスを終了しています。

Source:

Discordの人気音楽ボット「Groovy」がGoogleから排除通知を受けサービス終了を決定

なぜ通告が?

理由は主に2つあると考えています。

  1. Googleのサーバーに負担をかけている
  2. 商用利用&広告のバイパス

では、一つ一つ解説していきます。

1. Googleのサーバーに負担をかけている

Rythmは2,000万ものDiscordサーバーに導入されています。 これだけの量だと多かれ少なかれ負担がかかるのは当たり前です。

2. 商用利用&広告のバイパス

どちらかというとこちらの方がメインな気がします。

Rythmは基本無料で利用できますが、一部の機能はプレミアムとなっており有料です。かつ、Rythmは広告をバイパスしています。Youtubeというサービスは主に広告を表示することで広告主から料支払ってもらい成り立っています。それがバイパスされてはYouTubeは収益を得られません。Google側としては広告をバイパスされている上にRythm側のみが収益得ていることに不満を感じた可能性があります。

結論

以上よりGoogle側にメリットが無いわけです。 これはしょうがないような気がします。

皆さんも気をつけましょう。